モバイルバッテリー、発煙事故を起こさない為に必要なことは?

また、モバイルバッテリーが原因となった事故が起こってしまいました。つくばエクスプレスでの発煙事故です。

モバイルバッテリーが原因となる事故を起こさないように、モバイルバッテリーに関する最新の規制状況や、機内持ち込みのルールについて、しっかり学びましょう!

最新のモバイルバッテリー売れ筋ランキングもありますので、是非買い替えのご参考にして下さいね。

モバイルバッテリーにもPSEマークが必須に!

最近、モバイルフォンやモバイルバッテリーの火災事故ってよく聞きますよね? 実際に誤った使い方や、きちんとした規格に沿って製造されていないバッテリーによる火災事故が増えているそうです。飛行機での火災も発生しているため、スマートフォンやモバイルバッテリーの飛行機への機内持ち込みも厳しくなっています。

この様な火災事故を防ぐために、2019年2月1日からモバイルバッテリーのPES法(電気用品安全法)による規制が正式に始まりました。

この改正により、私達はどの様な影響を受けるのでしょうか?

2019年2月1日以降、 モバイルバッテリーを製造・輸入する業者は、PES法の技術基準に適合していることの確認が義務付けられ、販売業者はPSEマークがない製品の販売はできません。

PESマーク
PSEマークの例

PES法ってなに?

PES法(電気用品安全法)は、電気用品による危険及び障害の発生の防止を目的とする法律。
安全に電気用品を取り扱う為の法律なので、

  • 未然に危険・障害の発生を防ぐための流通前規制
  • 発生した危険・障害の拡散を防ぐための流通後規制

の2つの側面があります。つまり、作る側も売る側も両方に責任があるということですね。

モバイルバッテリーによる事故とは、リチウムイオンバッテリー(LiB)が原因にとなっており,2013 年度から2017 年度の5 年間に通知された製品事故情報は582 件もあります。事故の被害状況をみると、582 件のうち、402 件(69%)が火災を伴っています。

モバイルバッテリーの事故件数の推移
独立行政法人製品評価技術基盤機構 news release 2019/1/24より抜粋

こういった背景の中、経済産業省は今回の改正を行い、その結果、今後モバイルバッテリーを製造・輸入する業者は、電気用品安全法の技術基準に適合していることの確認や検査記録の保存が義務付けられ、販売業者がPSEマークがない製品の販売ができなくなりました

機内持ち込み可能なモバイルバッテリーの容量は?

預け入れ荷物

数年前のGalaxyNote 7のリチウムイオンバッテリーの発火事故は記憶に新しいですね。リチウムイオンバッテリーの事故はこれだけではなく、日本ではスカイマーク機で事故が起こっています。

これらの事故を受け、2016年4月1日からモバイルバッテリー を預け荷物の中に入れて預けることが出来なくなりました。

預け荷物の中などにモバイルバッテリー入れて預けた場合、モバイルバッテリーを破棄される可能性があります。

モバイルバッテリーを持って飛行機に乗るときには、必ず機内持ち込みで運びましょう!

持ち込めるモバイルバッテリーの容量にも決まりがあります。

電子機器本体 リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が160Wh以下
予備電池 リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Wh以下
リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のものは2個まで機内持ち込みできます。

電子機器本体 : 携帯電話、携帯電話用充電器、無線機、トランシーバ、ノートパソコン、デジタルカメラ、携帯端末、ハンディコピー、プリンタ、ハンディターミナル、電子ブックプレーヤ、携帯用ゲーム機、カメラ機材など  
携帯電話用のリチウムイオン電池内蔵充電器は、予備電池の扱いです。

機内持ち込みが「Wh(ワットアワー)」で規定されているのに対し、大半のモバイルバッテリーの容量の記載は「 mAh(ミリアンペアアワー)」です。

「mAh」は下記の計算式で簡単に「Wh」に変換することができます。

Wh = V(電圧)× mAh(バッテリー容量) × 1000

モバイルバッテリーの電圧は5Vなので、例えば20,000mAhのモバイルバッテリーは100Whとなります。ということで、20,000mAhまでのモバイルバッテリーが一つの目安となりそうです。それ以上の容量のモバイルバッテリーに関しては数量の制限がかかります。

モバイルバッテリーが手に入らなくなるの?

困った表情をする人

今回のPES法改定を受けて、製造者また販売者に大きな負担が強いられることになることは間違いありません。2019年2月1日以降、PESマークの付いた製品しか販売することはできなくなっています。

それでは、これからモバイルバッテリーが手に入りにくくなってしまうのでしょうか?

今回の改定は実は2018年2月1日に実施されており、1年の猶予期間を持って施行されました。ですので、各社1年間の準備を経ているため、目立った混乱はなさそうです。

例えば、 米国・欧州・日本のEC市場において、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerも2019年1月30日に、すべての対象製品にPSEマーク表示がなされたことを発表しました。

こういった大手メーカーがきっちりとした対応をしているため、混乱はなさそうです。

近年のモバイルバッテリーの発火事故を考えると、ちゃんとPESマークの付いた製品を購入することは、消費者にとっても非常に有益です。

安全第一。現在モバイルバッテリーを持っている人も、買い替えを検討しましょう

モバイルバッテリーに使用されているリチウムイオンバッテリーは、 エネルギー密度が高く、容易に高電圧を得ることができます。このため、小型化しやすく、現在の小型電子機器用のバッテリーの主流となっています。

昔の ニッケルカドミウム電池には充電のメモリー効果というものがありました。 メモリー効果とは、電池に充電された電気を使いきらないうちに充電をくりかえすと、電池が最大容量をより小さく記憶してしまう効果のことです。昔、携帯の充電をくりかえすとバッテリーの持ちが悪くなると言われた人も多かったと思います。これはニッケルカドミウム電池を使っていたためです。

スマホの急速充電

この様なメモリー効果はリチウムイオンバッテリーにはありませんが、リチウムイオンバッテリーにも寿命はあります。
リチウムイオンバッテリーの寿命は 約300〜500回の充電サイクルだと言われています。毎日充電をするとすると、約一年ぐらいがモバイルバッテリーの寿命と考えた方がよさそうですね。

この様なリチウムイオンバッテリーですが、長く使うためにはいくつかのコツがあります。

  • 電気を使い切らない
    • モバイルバッテリーの残量が0%になる前に充電するしましょう。大体50%を切った状態で充電するようにします。
    • ニッケルカドミウム電池を使っていた人は、充電回数を減らすために充電が0%になってから、充電をした方が良いと言われる方もいらっしゃいますが、リチウムイオンバッテリーでは極力充電を使い切るのはやめましょう。
  • 充電が100%になったら、コンセントから抜く
    • リチウムイオンバッテリーは長時間フル充電の状態にあると劣化すると言われています。買ったばかりの携帯電話などが、100%に充電されていないのはその為です。
    • フル充電されているのに、コンセントにつなぎっぱなしにすることは「過充電」の状態となり、リチウムイオンバッテリーは劣化します。
  • 高温や低温の場所に置かない
    • リチウムイオンバッテリーは温度変化に弱いと言われています。
    • 真夏の車の中や、熱くなった携帯を冷蔵庫に入れるなどは避けた方が良いでしょう。

ただ、どれだけ大切に使ったとしても、モバイルバッテリーは使うたびに劣化していきます。充電サイクルが短くなった、充電してもあまり電気が入らなくなった、といった状況だけでなく、安全性の観点からも、是非モバイルバッテリーは消耗品と考え、定期的に買い替えをすることをおすすめします

おすすめのPES対応モバイルバッテリーランキング

そこで、安全に使用できるPES対応で飛行機にも持ち込み可能なモバイルバッテリーの売れ筋ランキングをご紹介したいと思います!

  • 大容量モバイルバッテリー10,000mAh
    5

    今一番売れているモバイルバッテリーと言っても過言ではないモバイルバッテリー。雑誌DIMEにも掲載されました。
    10000mAhの大容量で、スマホ約4台の充電が可能です。最大2.1Aの高電流で高速充電にも対応。70x130x15mm、約198gのスマートボディです。
    過充電、過放電防止など、9つもの安全機能を備えており、安全に使用することが出来ます。

  • 大容量モバイルバッテリー5,800mAh
    5

    こちらは、5800mAhと若干他のモバイルバッテリーと比べて容量は小さいですが、まだまだ大容量。スマホ2台の充電が可能です。
    魅力は何と言っても、そのサイズ!94x41x22mm、125gと超軽量です。
    LEDライトもついて、暗いところではライトとしても使えます。
    安心のパナソニック製リチウムイオンバッテリー搭載の、軽量、安心のモバイルバッテリーです。

  • ArjanDio 10,000mAh モバイルバッテリー
    5

    楽天で人気No.1になったこともある、人気のモバイルバッテリー。人気雑誌GetNaviにも掲載されました。
    スマホなら4台充電可能な大容量10000mAhなのに、143×74×12mmのスリム設計です。重量213gは、レビューなどでは重いといった感想もありますが、この大容量であれば仕方がない重量です。
    充電自動ストップで過充電を防げる他、自動検知機能で充電する機器ごとに最適の充電を行うことで、どんな機器に対しても最速の急速充電ができます!

  • Anker PowerCore 10000
    4.5

    Ankerは、モバイルバッテリーやイヤホンなどのスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行う有名ハードウェア・ブランド。
    PowerGore 1000の特筆すべき特徴はその小ささ。約104 x 52 x 25mm、約184gでありながら、大容量の10000mAh。スマホ約3台分の充電が可能です。
    高電流を謳うモバイルバッテリーが多い中、PowerCore 1000は、最大2.4Aの高電圧のスピード充電機能も備えながら、イヤホンなどの入力電流の小さな機器にも使用可能な低電流モードも備えています。さすが、イヤホンも製造販売しているAnkerですね。

  • Solove 20,000mAh モバイルバッテリー
    4.5

    超大容量20000mAhのモバイルバッテリー。スマホ7台の重点が可能です。
    リチウムイオンバッテリーは一般的に大容量になれば、重量は重くなります。160X80X18mm、約428gは改良に改良を加え、サイズダウン、軽量化に努めた結果です。
    12の安心設計に加え、最大2Aの高速充電にも対応。大容量ですが、20000mAhは機内持ち込み可能な容量です。

  • Smith 10,400 mAh モバイルバッテリー
    4.0

    こちらも楽天で人気No.1になったこともある、人気のモバイルバッテリー。約138x62x22mmのスリムボディで重量は約272g。
    10400mAhの大容量でスマホ4台のフル充電が可能です。また、特筆すべきは充電の速さ。2.4Aの高電流で、コンセントで充電するよりも早く充電することが出来ます。(iphone付属のACアダプターは1A)
    2ポート出力がある為、2台同時に重点可能です。
    過充電防止など、5つの防止機能で安全に使用できます。

  • PZX 11,200mAh モバイルバッテリー
    4.5

    11200mAhの大容量モバイルバッテリーなのに、超薄設計。本体サイズはたったの12mm。
    141x57x12mm、170gの超軽量で11200mAhの大容量は特筆すべきサイズと重量です。
    その秘密は新設計のポリマー電子コア。安全性が高く、大容量で体積が小さく軽いモバイルバッテリーを実現しています。
    10個の安心機能に加え、LEDライトも搭載。暗い場所での読書や災害緊急時に使用できます。
    出力は最大2.1Aで急速充電にも対応しています。

最新情報をチェックしよう!